バイナリーオプションならFXで失敗した人でも勝てる?そんなバイナリーオプションを解説!

近年人気バイナリーオプションですが、FXはハイリスクハイリターンなのに対し、バイナリーオプションはローリスクローリターンといえるでしょう。

だからこそFXで負けてしまう方でも少しの改善で勝てる取引ができるようになったりします。

そんなバイナリーオプションのコツなどを紹介していきます!

BO(バイナリーオプション)とは

まずは、そもそもバイナリーオプションがどのようなものか説明します。

バイナリーオプション概要について

バイナリーオプションについてWikipediaでは以下のことが書かれています。


バイナリーオプション(英語: binary option)は為替金融商品の一種である。
一般的な株式や外国為替証拠金取引(FX)は、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定し、その「値幅」に応じて「損益金額」が変動する。
バイナリーオプション取引の「ハイ・ロー」も、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定する点は同じだが、「損益金額」は「値幅」によって変動することなく固定される。またレバレッジが無いので追証が無いのも特徴。よって、「最大損失額」を限定して取引できる。
ただ、国民生活センターは「一見すると簡単な取引に見えるが、リスクの高い取引である。短期間に繰り返し取引した場合、損失額が大きくなるおそれがある」と警告している。

“Wikipedia引用”

要するに、バイナリーオプションは値動きを見て、相場が上がるか下がるかを予想するのがバイナリーオプションです。

また、業者によって取引種類や取引通貨ペア、取引時間も異なってきます。

国内と海外では取引内容が大きく異なってきますので注意しましょう。

バイナリーオプション規制についても記事を書いているので是非見てください!

バイナリーオプション特徴

バイナリーオプションの特徴は下記の通りです。

  • 為替レートでハイかローか将来のレートを予想する
  • 当たればペイアウト率分払い戻し
  • 外れれば投資額分没収
  • 短期取引
  • 取引回数に制限がある
  • 取引種類によって異なるが取引期間(エントリー~エグジット)が決まっている。
  • 少額(100円)から取引ができる
  • ローリスクローリターン

FXとは

まずは、そもそもFXがどういったものかを紹介します!

FX(外国為替証拠金取引 )概要について

FXについてWikipediaでは以下のようなことが書かれています。

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引 (CFD) は区分されているが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引 (CFD) の一種でもある。
日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。
市場の動向を、24時間365日常に監視しておく必要がある。これに対しては、人工知能 (AI) に基づき市場動向により為替レートの変化に際して、売り買いする自動売買機能を持った、個人向けアプリケーションソフトウェアが開発されており、それらの援用により、個人投資家でも場合によっては高い収益を上げることが可能になっているが、最終的な責任は個人に降り掛かってくる。

“Wikipedia引用”

FXもバイナリーオプションと同じく為替レートを用いており、また国内と海外で大きく取引内容が異なります。

FX特徴

FXの特徴は下記の通りです。

  • 為替レートで売買する
  • 買いか売りその後の値幅で損益を出す
  • バイナリーオプションに比べ通貨ペアが豊富
  • レバレッジを掛けられる
  • 証拠金が足りないと強制ロスカットされる
  • 取引回数に制限が無い
  • ハイリスクハイリターン

リスク面について

リスクに関していうとFXよりバイナリーオプションのほうがリスクが少ないです。

リスクの低さにはいくつか理由が挙げられます。

損失額が膨れない

バイナリーオプションにはレバレッジもなければロストカットもありません。

バイナリーオプション自体、エントリーからエグジットまでの時間が取引種類によって定まっており、取引が長引かないのも要因です。

損失額が膨れないというのは、FXとは違いバイナリーオプションは負けても投資額分の没収しかありません。達成値から0.1銭だろうと1円だろうと予想を外しても損失額が膨れあがることはなくリスクヘッジがバイナリーオプションに比べて容易です。

分析がFXより容易である

先ほどと少し複重しますが、バイナリーオプション自体、エントリーからエグジットまでの時間が取引種類によって定まっているのと取引時間が短期のが特徴です。

なので様々な分析がFXでは必要ですが、シグナルツールなどもあるので分析が容易です。

なので、取引に慣れてくれば当然投資額も引き上げることができますので利益も徐々に増やすことができます。

分析について

テクニカル分析とは

テクニカル分析とはずばり、過去の値動きをチャートで表して、そこからトレンドやパターンなどを把握し、今後の株価、為替動向を予想するものです。チャートは取引(投資行動)の結果としてできたものであり、過去にも似たようなパターンがあれば、将来も同じようなパターンになる可能性が高いと予測します。

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析は、各国の経済成長率や失業率、物価上昇率、財政収支、政治情勢、地政学的リスクなど国力を測る要因として通貨の強弱を判断する分析方法です。

チャート上では経済指標発表や要人発言なども強い影響力を及ぼします。

要するに為替相場を動かす要因になるということです。

バイナリーオプションでの分析

バイナリーオプションではテクニカル分析のみで十分といえるでしょう。

理由としては、株など中長期保有が目的の投資であればファンダメンタルズ分析を利用するほうが良いことになります。

しかしバイナリーオプションにおいても相場の大きな方向性を掴んでおけば将来取引する際に必ず役立ちますので長期で見ればファンダメンタルズ分析も無視できないでしょう。

ですが基本バイナリーオプションでは短期取引ですのでテクニカル分析のみで十分です。

取引開始前に経済指標の発表だけは把握しておいても良いかもしれません。

こちらの分析方法などの詳細は別記事で紹介しているのでそちらをご覧ください。

まとめ

いかがでしょうか、今回、バイナリーオプションのほうが勝てる理由を紹介しました。

ただFXも確実に稼ぐことができますので、そこはお間違いなく。

要約すれば一長一短ということです。それぞれメリットデメリットは必ず存在しますので注意しましょう。

FXで失敗した方もあきらめずしっかりと勉強したうえで投資をするようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました